京都、西陣に本店をおく、京菓子の老舗「鶴屋吉信」の公式サイトです。

京菓匠 鶴屋吉信

TSURUYA YOSHINOBU ENGLISH PAGE 鶴屋吉信オンラインショップ

季節の和菓子


夏の和菓子 

夏の和菓子
風爽やかな候、冷たいお菓子が美味しい季節になりました。
新発売の「TSURU涼涼・温州みかん」や、涼しげなパッケージになりました「氷梅」等、
暑い夏にぴったりの涼菓をさまざまにご用意しております。
TSURU涼涼
「TSURU涼涼」 

暑い夏にも爽やかな、鶴屋吉信おすすめの葛きり入りゼリー。 冷蔵庫でよく冷やし、器に盛ってやさしくくずせば透きとおる ぷるぷるのジュレに 早変わり。お箸で「つるっ」とお召し上がりください。 今年から、和歌山県産みかんを使った「温州みかん」が新発売いたしました。 柑橘の涼味がさわやかな柚子ピール入りの「柚子」、 甘酸っぱくさわやかな風味の「赤しそ」、 梅の実を一粒こめた、「青梅」の4種類です。
TSURU涼涼 赤しそ
パッケージ
各1個324
9個入3,186

賞味期限: 製造日より90日
特定原材料等:りんご(柚子・赤しそ)

販売予定:5月中旬〜8月中旬まで
本蕨
新意匠 「本蕨」

「本蕨」は日本古来の野の味覚、わらびを使ったお菓子です。わらびの根を掘り、 手間暇をかけて取り出されるでんぷんは「わらび粉」として重宝されてきました。
昔ながらのわらび粉を用い、甘味やさしいあんとあわせてつくった「本蕨」は、 ぷるぷるとした独特の舌ざわりをお楽しみいただける新食感の和菓子です。
冷やしてご賞味下さいませ。やわらかい食感とこしあんの あっさりとした味わいが引きたちます。
なめらかな口当たりの優しい甘さ「こしあん」、 小倉をこめて、小豆のつぶつぶとした食感が楽しめる「小倉」。
抹茶の風味をこめた さわやかなおいしさを、つるりとしたのどごしとともに ご賞味いただける「抹茶」の3種類です。
本蕨
各1個260
12個入3,381

賞味期限: 製造日より90日
特定原材料等:なし
販売予定:4月中旬〜8月下旬頃まで
まめかん露
「まめかん露」

鶴屋吉信茶寮の風味をご家庭でもご賞味頂ける、あんみつとみつ豆の小箱入りパック。 吟味した寒天、あん、赤えんどう、みかん…、素材が相互に引き立て合う 格別の味わいです。よく冷やし、お好みの器でお召し上がり下さい。 ご一客ずつの箱入りになっており、あんや蜜、具材がそれぞれパックの袋に 小分けされておりますので、 お召し上がりの際に開封し器に盛りつけて下さい。
まめかん露
黒蜜1客540
小倉餡1客594

賞味期限: 製造日より30日
特定原材料等:なし
販売予定:4月中旬〜9月中旬頃まで
氷梅
新意匠 「氷梅」

あたかも氷中の梅の花のように…。丹波大納言小豆をこめた、風味豊かなみぞれ羹。
道明寺と、小倉の上品な風味が広がります。
今年から、氷をイメージした涼しげなパッケージに変わりました。
氷梅
1棹1,404

賞味期限: 製造日より35日
特定原材料等:なし
販売予定:6月上旬〜8月中旬頃まで

祇園祭 

祇園祭
京都・八坂神社祭礼、祇園祭は大阪の天神祭・東京の神田祭とともに日本三大祭に挙げられるお祭りで、 7月1日の吉符入から31日の疫神社夏越祭までひと月にわたって行なわれます。 7月10日からの鉾建てが始まると、お祭り好きの京の人々はそわそわ、わくわく。 鶴屋吉信の祇園祭のお菓子で、京の夏を感じていただければ幸いです。

こんちきちん
「こんちきちん」

祇園祭のお囃子の音色、「こんちきちん」を銘にした焼き菓子。もっちりと美味しい焼皮で、 粒あんをつつんで仕上げました。祇園祭のクライマックス、 山鉾巡行のイラストを添えた京の趣あふれるパッケージで、 夏のお土産にもおすすめです。

●「こんちきちん」販売店舗
鶴屋吉信 本店、IRODORI、オンラインショップ、大丸 京都店、島屋 京都店、JR京都伊勢丹、京都駅観光デパート キューブ店、島屋 洛西店、大丸 山科店、京阪百貨店 くずは店

こんちきちん
1個 152
5個入864
10個入1,728

賞味期限: 製造日より10日
特定原材料等:小麦・乳・卵
販売予定:7月1日〜7月31日頃まで
生菓子「鉾廻し」「御巡行」
生菓子 「鉾廻し」「御巡行」

八坂神社の御神紋をすりこんだ、祇園祭の風情あふれる生菓子。 山鉾の屋根にとりつけられた“あみかくし”の部分を表現し、赤い焼皮で白・こしの二重あんをつつんだ「御巡行」と外郎に白あん入りの「鉾廻し」。 「鉾廻し」は大丸京都店限定で、「御巡行」は本店ほか京都地区の一部百貨店限定にてお求めいただけます。

●販売店舗
「鉾廻し」「御巡行」2個セット:大丸京都店
「御巡行」:鶴屋吉信 本店、京都島屋

1個454
2個セット※907

※2個セットは「大丸京都店」限定販売。

消費期限: 製造日より3日
特定原材料等:小麦
販売予定:7月8日〜7月24日頃まで
(2個セットのみ)7月4日〜7月17日頃まで
※生菓子のため、オンラインショップでの取り扱いはございません。
山鉾巡行
祇園祭と言えば、荘厳・華麗な「山鉾巡行」が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

7月1日から、吉符入り・くじ取り式・お迎え提灯などの様々な行事がとりおこなわれる祇園祭ですが、 祭の中心である山鉾巡行が近づくと、鉾町では山鉾の組み上げが始まります。

山鉾というのは祭事のための山車の一種で、人形などをのせた比較的小さいものを「山」 稚児や何十人もの囃子方が乗り込む大型で背の高いものを「鉾」といい、 あわせて山鉾と呼ばれています。33基ある山鉾は、和漢の故事や神話などを由来としており、 趣向を凝らした装飾で大変見応えのあるものです。
優れた文化遺産として国の重要有形民俗文化財に選定されています。

2014年より「前祭」「後祭」のかつての姿で実施されている山鉾巡行。
祭のお囃子が”コンチキチン”と響く中、飾られた山鉾がゆっくりと曳かれていくすがたは実に見事です。
この巡行順は、”くじ取らず”の長刀鉾を先頭に事前の「くじ取り式」によって定められた順となっています。
たくさんの見物客が見守る中、山鉾は前祭・後祭で決められた順路を練り歩き、 出発地点まで一周した後、それぞれの町内へと戻ってゆきます。
 
Copyright © 2017 Tsuruya Yoshinobu CO., LTD. All Rights Reserved.

上へ戻る