京都、西陣に本店をおく、京菓子の老舗「鶴屋吉信」の公式サイトです。

京菓匠 鶴屋吉信

TSURUYA YOSHINOBU ENGLISH PAGE 鶴屋吉信オンラインショップ

季節の和菓子

節分のお菓子 

生菓子 追儺
生菓子 「追儺 鬼・お多福」

節分のルーツともいわれる「追儺(ついな)」は、平安時代より続く宮中の鬼祓いの行事のこと。
豆まきの行事でもおなじみのお多福と鬼を、生菓子で表現いたしました。 「お多福」はこしあんをつつんだ上用に紅をさし、ふっくらと愛らしい笑顔に。 「鬼」は粒あん入りのきんとんにごぼうの角をはやし、愛嬌のあるいでたちにおつくりいたしました。
ぜひお二つそろえて、節分の風情をおたのしみ下さいませ。
各一個432

日保ち:製造日を含め3日
特定原材料等:[お多福]やまいも、[鬼]なし
販売予定:1月28日〜2月3日

※一部お取り扱いのない店舗がございます。
福ハ内
焼菓子 「福ハ内」

豆まきの和やかなようすをあらわした、桃山製白あん入りの焼き菓子。
明治三十七年に誕生して以来、ご愛顧いただいている恒例の節分菓です。 木箱を「ます」に見立てて「ますます」の繁盛を、とねがう縁起物。 紅白水引をかけて丁寧に仕上げた、贈りものにも喜ばれる一品です。。
福ハ内

玉子を使った桃山製の生地に 優しい甘さの白あんをつつんだ、 しっとり・ほろりとした口当たりです。
6個入1,296
8個入2,160
13個入3,240
21個入4,320
32個入6,480
45個入8,640

※6個入のみ紙箱入。
※32個入・45個入はご予約にて承ります。

日保ち:20日
特定原材料等:卵
 ※小麦を含む製品と共通の設備で製造しています。
販売予定:2月3日まで
開運追儺ぜんざい
「開運 追儺ぜんざい」

寒い冬にもほかほかと温かく、風味にこだわったおぜんざいで、厄を祓い招福・開運をねがいます。
小倉・あられ・お餅がご一客分セットになっておりますので 小倉をあたため、お餅をお好みにあぶって添えお召し上がり下さいませ。
御一脚540

日保ち:60日
特定原材料等:なし
販売予定:2月3日まで
節分行事の由来

「節分」とはもともと、文字どおり「季節の分かれ目」をしめす言葉で かつては立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日すべてを節分と呼んでいました。 江戸時代以降、特に春のそれを言うようになったのは 春がはじまるということが人々にとって非常な喜びであったことと、 農事はじめの祝いが重なったからだともいわれています。

地域によって風習は異なりますが、春の節分には 季節の変わり目に起こりやすい災害や疫病を鬼に見立てて追い払う 「追儺(ついな)」という儀式がおこなわれます。
宮中行事であった追儺では桃の枝などをもちいていましたが 室町時代ごろには煎った豆を打ちつけることが一般的になりました。 弊社「福ハ内」もこの豆まきの様子を表現したものです。

※お取扱いの有無と販売期間は店舗により異なる場合がございます。 詳細につきましては、各店舗の販売員、もしくはお電話等にてお問い合せくださいませ。

 
Copyright © 2017 Tsuruya Yoshinobu CO., LTD. All Rights Reserved.

上へ戻る